無保険車に追突されたら?

 残念なことに任意保険未加入の無責任ドライバーがおります。任意保険加入数は、自家用乗用車は8割弱、軽4輪自動車は7割弱。中には無車検つまり自賠責保険にも加入せず運転している非常識な人もいるそうです。
 もし、そんなクルマに一方的に追突され、車両は大破、大ケガを負ったとします。あなたは、そんな相手方100%過失事故になっても保険会社が話をつけて取り立て請求してくれると思っていませんか?答えはノーです。相談には応じてくれますが被保険者に過失がない場合は示談交渉できないことになっているのです。保険会社が示談交渉 してくれるのは契約者に保険金支払いが発生するときだけです。相手方100%過失事故で、報酬を得る目的で他人の代理人となり示談交渉が出来るのは弁護士(弁護士法72条)だけであり、もちろん保険代理店も示談交渉することはできません。

 そんな最悪な状態から、あなたやあなたの家族を守ってくれるのは、車両保険と人身傷害保険を付帯して任意保険に加入することなのです。無保険の相手にケガを負わせられたら、人身傷害保険で対応してもらいましょう。任意保険も払えないような相手に加害者請求を要望しても難しいと思います。人身傷害保険のみの支払いではノーカウント事故になり3等級ダウンはありません。
 車両損害については、まず相手に請求してください。相手が交渉に応じない時は、しょうがないです。車両保険で対応してもらいましょう。後日、保険会社から相手に対し代位請求してくれます。ただし、こちらは3等級ダウンしてしまいます。それがいやな方は、車両保険無過失事故特約を付けましょう。事故件数にカウントされずに車両保険を支払ってくれます。背に腹はかえられません。保険料をケチらず任意保険に加入しましょうね。保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!

任意保険未加入の未成年が加害者であったときの対処法

 マイカーローン支払いで大変なのか、任意保険未加入で高級車を運転している若者がおります。過去何件か相手が任意未加入、また運転者限定条件の為、任意保険の支払いができない未成年との事故に立会いしたことがあります。こんな場合、どう対処したらよいでしょうか?相手の親に対し損害賠償できるのでしょうか?
 
 不法行為責任(民法709条)の成立要件の一つに加害者に「責任能力」があることがあります。「責任能力」とは、未成年の場合12歳前後といわれています。判例では、直接の加害者である未成年に「責任能力」が認められても、その親にクルマの保管・運転等に関する監督上の義務違反が認められれば、親自身が不法行為責任を負うことが認められています。つまり、原則として相手の親に対し民法709条に基づく損害賠償を請求できることがあります。また、親子の生活形態(同居・生計)やクルマの管理・使用・経済的負担状況等を判断基準として、相手の親の運行供用者責任(自賠法3条)を問うことも十分可能です。


運転者年齢条件違反時の削減払特約

 最近の自動車保険には、年齢条件の変更手続漏れで支払い対象にならない年齢の者が事故を起こした場合、対人・対物に限り所定の割合で削減して保険金を支払ってくれるという特約がついています。
 万一、35歳以上担保で契約しているクルマを18歳の息子が運転して事故を起こした場合、本来の保険料との割合で削減になりますが保険で支払ってもらえます(本人・配偶者運転者限定等によっては対応できません)。こんな特約を使用しなくてもいいように普段から年齢条件には十分な注意が必要です。
 また、最近の自動車保険は同居の親族以外は年令条件を問わず支払ってくれるようになっています。たとえば、別居の大学生の子息など年令条件が35歳以上担保であっても支払対象になります。
 
 余談になりますが、免許の色が実際はブルーなのに誤ってゴールドと申告して事故時に発覚した場合、保険始期に遡り追徴することで何とか保険金を支払ってもらえますが、車両が変更になっているにもかかわらず申告しなかった場合は、1ヶ月の猶予期間後は保険金支払いにはなりません。救済措置はないです。
(PR)

中古車買取査定市場
一番安い自動車保険がわかる!



保険屋の自動車事故マニュアルTO
自動車事故が発生したら、初動対応が大切。
被害者の救護が、第一優先です。
自動車所有者と運転者が相違する場合、賠償相手を確認する。
保険会社への事故連絡内容。

自動車事故の解決方法は示談から始まります。
過失割合(過失相殺)とは、こんなことです。

人身事故は、必ず処罰されるのか?
事故相手が、こんなモンスター被害者だったら大変です。
事故状況によっては、健康保険を使用する。
任意保険は支払い出来ない(免責)ことがあります。
低年式車との事故、対物超過費用特約付いてますよね。
新車要求(全塗装要求)されたら。
衝突していなくても、責任が発生する。

盗難された車が、事故を起こしたら。
駐車場での自動車事故について。
人身傷害保険は、必ず付保しましょう。
無保険車に追突されたら、どうしますか?
見直せば、自動車保険料は安くなります。
通販型自動車保険は、自己責任です。
クルマを廃車・譲渡したら、中断証明書を発行してもらう。
地震被害には無力な自動車保険。

レンタカー提供は、相手過失100%に限られる。
自賠責保険とは、こんな保険です。
車両危険限定特約車両保険は、当て逃げ・自損事故は対象外です。
ゴールド免許はお得なのですが、ブルーになってしまったら。
顔のキズ、後遺障害になるかもしれません。
娘の自動車保険は、記名被保険者に気をつける。
事故車も売れる。査定価格を比較してから、売却検討!
保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!