事故状況によっては健康保険を使用したほうがベストな場合がある

 業務中や出退勤途中の事故は労災保険、自損事故は健康保険、相手がある事故は自由診療とされる場合が基本ですが、自分(被害者)の過失が大きい事故の場合は健康保険利用も考える必要があります。過失相殺で控除される医療費を健康保険から支払いを受けることで、被害者が受け取る休業損害や慰謝料等の保険金が多くなり、健康保険を使用したほうがメリットがあるのです
 
 治療に
当って健康保険を利用するか、自由診療にするかの選択は基本的に患者本人の意思によるものであり、交通事故だから健康保険の利用を病院で制限したり断ったりすることはできません。
 治療を受ける為に次の手続きが必要になります。
 @まず病院に被保険者証を提示し健康保険で治療を受けたいということを申し出る。
 A所属の保険者(健康保険組合、市区町村役所、共済組合など)に連絡し、保険者(保険組合など)の指示に従い関係書類を提出します。
 B必要書類は、○第三者行為による傷病届 ○事故発生状況報告書 ○念書 ○誓約書 ○交通事故による負傷届 ○交通事故証明書
 詳しくは保険会社事故担当者にご相談してみてください。



救急病院等、夜間診療での支払い

夜間に自動車事故が発生し、相手方がケガを負い夜間急患センターや救急指定病院に行かれる場合があります。一般病院であれば、翌朝保険会社より連絡があるまで支払いを待ってくれるところが多いのですが、即時に診療費支払を要求されるところや保証金ということで1〜2万円預けなければならない病院があります。そんな場合、加害者側か被害者側で一時立替払いしなければなりません。自賠責保険での支払いを前提とした自由診療だとレントゲン代等結構な金額になります。被害者一名で2〜3万円位必要になります。立て替えた診療費は後日保険会社より振込み返金してくれます。(PR)
中古車買取査定市場
一番安い自動車保険がわかる!



保険屋の自動車事故マニュアルTOP
自動車事故が発生したら、初動対応が大切。
被害者の救護が、第一優先です。
自動車所有者と運転者が相違する場合、賠償相手を確認する。
保険会社への事故連絡内容。

自動車事故の解決方法は示談から始まります。
過失割合(過失相殺)とは、こんなことです。

人身事故は、必ず処罰されるのか?
事故相手が、こんなモンスター被害者だったら大変です。
事故状況によっては、健康保険を使用する。
任意保険は支払い出来ない(免責)ことがあります。
低年式車との事故、対物超過費用特約付いてますよね。
新車要求(全塗装要求)されたら。
衝突していなくても、責任が発生する。

盗難された車が、事故を起こしたら。
駐車場での自動車事故について。
人身傷害保険は、必ず付保しましょう。
無保険車に追突されたら、どうしますか?
見直せば、自動車保険料は安くなります。
通販型自動車保険は、自己責任です。
クルマを廃車・譲渡したら、中断証明書を発行してもらう。
地震被害には無力な自動車保険。

レンタカー提供は、相手過失100%に限られる。
自賠責保険とは、こんな保険です。
車両危険限定特約車両保険は、当て逃げ・自損事故は対象外です。
ゴールド免許はお得なのですが、ブルーになってしまったら。
顔のキズ、後遺障害になるかもしれません。
娘の自動車保険は、記名被保険者に気をつける。
事故車も売れる。査定価格を比較してから、売却検討!
保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!