過失割合(過失相殺)とは ・・・

 任意保険未加入の方から次のような事故相談を受けました。

 「私が優先道路を直進、交差点を通過する際、左方道路から急に飛び出した相手車両に衝突(相手方には一時停止の標識あり)されました。相手車は高級外車。修理代が当方車両20万
、相手車両は40万。後日、相手保険会社から連絡があり、過失割合は当方10%、相手90%。自車両修理代の内2万円と相手車両修理代4万円、計6万円はあなたの負担になると言われた。相手保険会社から受取れる保険金は差し引き14万円。 自分としては何も悪いと思っていない。過失がどうして発生するのかも理解できない。相手の修理代の一部までどうして負担しなければならないのか?納得できない。相手方100%にしてもらえる何か良い解決方法はないか?」と言うものでした。

 過失相殺とは当事者間の損害の公平な分担を目的としており、過失相殺の割合は過去の判例によりおおよその基準ができています。保険会社は、東京地裁民亊第27部(交通部)編『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』(別冊判例タイムズ)等をもとに過失交渉を行っています。
 
 過失割合がどちらか100%である
事故は稀です。当事者双方に何らかの過失(責任)が発生する場合がほとんどです。どちらか100%の過失事故になるのは、センターラインオーバーでの衝突、信号待ち等で停車中の車への追突、信号機設置の交差点で双方が青赤が判断出来る状況で衝突した場合くらいなものです。
 
 でも、だからと言って杓子定規に無理やり事故状況の似ている過失割合を当てはめているわけではありません。双方が動いているから双方に過失が発生すると言うわけではないのです。たとえば、道路を直進中脇道から急に飛び出されて回避しようとしたが、それでも道路が狭く衝突が避けられなかった等の事情があれば相手方100%の過失になって当然です。相手保険会社から過失相殺の話があっても、「道交法上の違反がない」「事故を予見出来る状況にない」「どのようにしても事故を回避出来なかった」ことを主張し「このような事故状況で、どうして私に過失が発生するのか、納得のいく説明をしてください!」と抗議してください。道路状況等の特殊事情があれば主張してください。保険会社も柔軟な対応をしてくれるはずです。その為にも、事故現場・事故状況の十分な確認が必要です。

 
 事故相談のような場合で双方に過失が認められれば賠償すべき損害額を双方の不注意の割合に応じ減額し合うことになります。
当事者の多くは過失割合に納得せず不満を感じることがあると思いますが、そのような基準がなければ解決できないということも理解しなければなりません。もちろん、調停・裁判で最後まで過失割合を争うことは可能ですが、その時間と費用を考えると面倒なことです。もし、当方が10%、相手が90%という割合なら、当方の負担は相手損害額の10%、相手の負担は当方の損害の90%となるわけです。 お互い相手方の損害に対して自分の責任割合分を負担することになります。
 
 こうした相手方の一方的な事故でも過失分を負担する場合もあります。その為にも任意保険加入が必要なわけです。 また、こういう場合も考えて車両保険も付けてほしいと思います。過失割合が10%であろうが90%であろうが自分のクルマ、相手のクルマ全て保険で支払ってもらえます。過失割合を気にすることはありません。
車両保険をケチり過失割合について保険屋さんを困らせてはいけませんよ。
 
 当サイトを訪問された貴方にはベストな自動車保険に加入していただきたいと思います。次回満期案内が来たら
見積りサイト保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント! で自動車保険見積もりを請求してください。保険料が節約でき内容も充実した自動車保険に出会うことができます。



自転車(自分)対クルマ(相手)の事故でも過失割合(過失相殺)が発生します

自転車乗車中の事故だからと言って、相手の自動車保険で全てカバーしてくれると思っている方はいませんか? 自転車は道路交通法では自動車と同じ車両になります。自転車の交通違反は軽く考えがちですが罰則は基本的に自動車と同じになります。
 
 たとえば、交差点以外での自転車横断(自転車横断帯以外)でクルマと衝突した場合、基本的には自転車側にも3割の過失が発生します。自分のケガについては相手の自賠責保険(120万円)限度内であれば問題ありません(過失相殺はない)が、物損事故においては相手車両修理代の過失分を負担させられます。自転車の賠償で 1万円いただいたとしても、クルマの修理代が20万円だったら6万円の負担を求められ、差し引き5万円の賠償責任を請求されます。
 
 自転車事故による損害賠償責任に対応できる保険が、「個人(生活)賠償責任保険」です。傷害保険の特約として付いていますが、自動車保険の特約で付いている「個人(生活)賠償責任保険」では保険会社により示談交渉付のものもあります。
 
 ちょっと一杯と自転車でお出かけのお父さん、酒酔い運転は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金になりますよ。事故でケガを負っても傷害保険や自動車保険の人身傷害保険は免責になります。ご注意ください。

重過失と著しい過失

基本的な過失割合は事故状況により修正されます。 皆さんに知っていて欲しい修正要素として重過失と著しい過失があります。
 重過失とは、「居眠り運転」「道交法上の酒酔い運転」「無免許運転」「時速30Km以上の速度違反」等で10〜20%過失が多くなります。
 著しい過失とは、「脇見運転等前方不注視の著しい場合」「酒気帯び運転」「時速15Km以上時速30Km未満の速度違反」「著しいハンドル、ブレーキ操作不適切」等で5〜10%過失が多くなります。
(PR)
中古車買取査定市場
一番安い自動車保険がわかる!



保険屋の自動車事故マニュアルTOP
自動車事故が発生したら、初動対応が大切。
被害者の救護が、第一優先です。
自動車所有者と運転者が相違する場合、賠償相手を確認する。
保険会社への事故連絡内容。

自動車事故の解決方法は示談から始まります。
過失割合(過失相殺)とは、こんなことです。

人身事故は、必ず処罰されるのか?
事故相手が、こんなモンスター被害者だったら大変です。
事故状況によっては、健康保険を使用する。
任意保険は支払い出来ない(免責)ことがあります。
低年式車との事故、対物超過費用特約付いてますよね。
新車要求(全塗装要求)されたら。
衝突していなくても、責任が発生する。

盗難された車が、事故を起こしたら。
駐車場での自動車事故について。
人身傷害保険は、必ず付保しましょう。
無保険車に追突されたら、どうしますか?
見直せば、自動車保険料は安くなります。
通販型自動車保険は、自己責任です。
クルマを廃車・譲渡したら、中断証明書を発行してもらう。
地震被害には無力な自動車保険。

レンタカー提供は、相手過失100%に限られる。
自賠責保険とは、こんな保険です。
車両危険限定特約車両保険は、当て逃げ・自損事故は対象外です。
ゴールド免許はお得なのですが、ブルーになってしまったら。
顔のキズ、後遺障害になるかもしれません。
娘の自動車保険は、記名被保険者に気をつける。
事故車も売れる。査定価格を比較してから、売却検討!
保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!