自動車事故での顔のキズ 後遺障害に該当するかも

 訪問先のお爺さんと久しぶりに話をする機会がありました。お顔を拝見すると眉毛の上に長さ3cmを超えるキズ(線状痕)。見慣れぬキズだったのでどうしたのか訊(たず)ねました。半年前、温泉旅行の旅先で転倒、何針か縫ったということでした。旅行会社主催のパック旅行だったので、国内旅行傷害保険に加入しており通院保険金をいただいたそうです。
 キズの長さが気になり、家の人からメジャーをお借りし長さを測ったところ、3cmを超えるキズ。 これは後遺障害に該当すると判断、保険会社に連絡して後遺障害請求するようアドバイスしました。こんなキズがどうして後遺障害になるんだと思うかもしれませんが、立派な後遺障害に該当するのです。これが、もし自動車事故で顔にキズが残った場合に、自賠責保険での後遺障害等級は男性が14級・女性が12級に該当するのです。
 ただし、
眉毛や頭髪に隠れる部分、顎の下にできたものは後遺障害対象に該当しません。



 保険会社は不親切です。保険金請求は自己申告が基本で、こちらから請求しなければ、わざわざ案内してくれません。本来、保険金請求出来るものを知識が無いばかりに損をしている方がいるのでは?もしかすると、保険会社も保険契約者も認識していないこのような保険金請求できる事案が潜在的にあるかもしれません。
 
 以前、保険会社の保険金不払いが問題になりました。自動車保険特約の支払い漏れ、医療保険の不払い、さらに火災保険の不適切契約による保険料過剰徴収・・・ 保険業界の体質だったのかもしれません。保険の自由化で保険料収入が減り、保険金支払いを抑えたいという気持ちがあったのかもしれません。あまりにも巨額な不払い保険金額に代理店をしている私自身が大変驚き情けなくなりました。皆さんも保険金支払いに疑問があれば、遠慮することなく納得のいく説明を保険会社に対し求めていくべきですし、保険内容についても確認するべきです。
納得の自動車保険見積り!全員に500円マックカードプレゼント!
(PR)
中古車買取査定市場
一番安い自動車保険がわかる!



保険屋の自動車事故マニュアルTOP
自動車事故が発生したら、初動対応が大切。
被害者の救護が、第一優先です。
自動車所有者と運転者が相違する場合、賠償相手を確認する。
保険会社への事故連絡内容。

自動車事故の解決方法は示談から始まります。
過失割合(過失相殺)とは、こんなことです。

人身事故は、必ず処罰されるのか?
事故相手が、こんなモンスター被害者だったら大変です。
事故状況によっては、健康保険を使用する。
任意保険は支払い出来ない(免責)ことがあります。
低年式車との事故、対物超過費用特約付いてますよね。
新車要求(全塗装要求)されたら。
衝突していなくても、責任が発生する。

盗難された車が、事故を起こしたら。
駐車場での自動車事故について。
人身傷害保険は、必ず付保しましょう。
無保険車に追突されたら、どうしますか?
見直せば、自動車保険料は安くなります。
通販型自動車保険は、自己責任です。
クルマを廃車・譲渡したら、中断証明書を発行してもらう。
地震被害には無力な自動車保険。

レンタカー提供は、相手過失100%に限られる。
自賠責保険とは、こんな保険です。
車両危険限定特約車両保険は、当て逃げ・自損事故は対象外です。
ゴールド免許はお得なのですが、ブルーになってしまったら。
顔のキズ、後遺障害になるかもしれません。
娘の自動車保険は、記名被保険者に気をつける。
事故車も売れる。査定価格を比較してから、売却検討!
保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!